デリケートゾーンの臭い消しや黒ずみ消しの全手順

デリケートゾーンの専用石鹸はにおいに対しては効果的ですが、黒ずみ対策にはお勧めできません。VIOゾーンの黒ずみ改善にクリームは本当に効果的なのですが、種類が多くてどれが良いのか判断しずらい。VIOゾーンの色々なタイプの悩み解消のヒントが沢山あります

デリケートゾーンの臭い消しに!正しい洗い方

正しいデリケートゾーンの洗い方

f:id:入浴:plain

デリケートゾーンの臭い消しには正しい洗い方を

まずはじめに、医師が進めるデリケートゾーンの洗い方を引用させていただきましたので、読んでください。

全部読んでいただくとわかると思いますが、加減がかわりづらかったりもあります。

洗いすぎなのか、まだイケるのか?などの。

このブログのトップページに書きましたが、日本はデリケートゾーンのケアに関するコトが世界的にみてダメダメなんです。

正しい洗い方なんて聞いたことないし、ちゃんとした知識ってほとんどの人が持ってないですよね?

でも、実はもっと簡単で完璧な方法もあるんです。

 その方法は後でちゃんと説明するとして、まずは正しい洗い方をみていきましょう。

 

デリケートゾーンの洗い方を医師が解説!【膣内・膣外の正しい洗い方】3つのポイント!


親しい友達同士でも、姉妹や母娘であっても、なかなか話題にしにくい、デリケートゾーンのケアの仕方やにおいなどの問題。人知れず、悩んでしまっている方はいませんか?

何かとかぶれたりかゆみが出やすかったり、匂いとは無縁でありたい…と思えばやっぱり何で洗うか、どんな洗い方をするかはどうしても気になるもの。

今回は、このデリケートゾーンのケアの重要なポイントとなる、洗い方について医師に解説していただきました。

何かとかぶれたりかゆみが出やすかったり、匂いとは無縁でありたい…と思えばやっぱり何で洗うか、どんな洗い方をするかはどうしても気になるもの。

今回は、このデリケートゾーンのケアの重要なポイントとなる、洗い方について医師に解説していただきました。

 

普段からデリケートゾーンを洗っている?

 

皆さんは、お風呂やシャワーの際に、どんなふうにデリケートゾーンを洗っていますか?こう改めて聞かれると、「えっ…」と戸惑ってしまう方も多いでしょう。

小さいころ、女性の方は例えば排便の際に、膣内に便や雑菌が入り込まないように「前から後ろに」トイレットペーパーを動かしてお尻を拭くように教えられた方は多いのではないかと思いますが、デリケートゾーンをどうやって洗うか、例えばお母さんやお姉さんなどから教えてもらった、という方はあまり多くないのではないでしょうか?

ですが、女性のデリケートゾーンはひだや隆起などが入り組んでいて、ちょっと複雑な、洗いにくい構造ではありますよね。

また、蒸れやすい部位でもあり、アポクリン腺と呼ばれるわきに分泌しているものと同じ、やや独特なにおいの汗を分泌する腺も豊富な部位であることから、においやすい部位です。

そしてもちろん、膣からの分泌物や、尿や便、それからそれらを拭きとるときに使ったトイレットペーパーのかすなども付きやすく、不潔になりやすい部分でもあります。

 

デリケートゾーン洗い過ぎはNG!


特にきれい好きのかたはどうしても、ちょっと汗をかいたり、おりものが多かったりすると頻繁に洗いたくなる傾向があるかと思います。しかし、これは逆効果になります。

デリケートゾーンの匂いは、その部分に存在する菌によって作られています。

不快なにおいは、黄色ブドウ球菌や、真菌などが、嫌な臭いを発するアンモニアやインドールといった物質を作り出すことで出てきます。

反対に、表皮ブドウ球菌という菌は、これらの菌が異常繁殖するのを抑え、皮膚を健康な状態に保ってくれる役割があるいわばお肌の善玉菌です。これを洗浄力の強い石鹸で洗い流してしまうと、却ってデリケートゾーンの不快なにおいが強まってしまうこともよくあります。

 

正しいデリケートゾーンの洗い方3つのポイント


(1)前から後ろに洗う
敏感でありながら汚れが付きやすいデリケートゾーンの洗い方は、まず、お尻を拭くときと同様に前から後ろに向かって、優しく、ひだや構造物を洗っていくのが基本です。

汚れが陰部に挟まっていることのないように十分気を付けて、かつ、こすりすぎないように洗浄していきましょう。

 

(2)石鹸をしっかり泡立てから洗う
石鹸などの洗浄剤はしっかり泡立てて、ごしごしこすらずに洗うことで、より肌あたりが優しく、汚れも適切に落してくれます。

また、デリケートゾーンは粘膜で、通常の皮膚より洗浄剤にも敏感ですから、身体を洗うボディーソープとは異なる、デリケートゾーン専用のソープなどを使うとより安心ですよね。

 

(3)洗った後は、ぬるま湯でしっかりゆすぐこと
ひだの隙間に石鹸成分などが残らないよう、ぬるま湯でしっかりゆすぐこともとっても大切です。残ったソープの成分と、分泌物が混ざったりすると異様なにおいの原因になったりすることがあるため、この点も十分気を付けましょう。

ただし、膣内まで石鹸で洗おうとする方がいますが、これは必要ありません。膣内は、常在細菌叢とよばれる天然のバリアが雑菌が繁殖したりしないように守ってくれている場所ですから、膣の中まで洗うことでかえってバリアを崩してしまうことになることがあります。

膣内を清潔にするには、専用の膣内洗浄剤で洗う必要があります。水のみでは、恥垢や雑菌を洗い流すことは出来ません。

 

生理中・生理前後でもデリケートゾーンを洗っていいの?


女性にとって月に一度来る生理。こまめにナプキンを変えたいところですが、なかなかトイレに行けず、生理中は長時間ナプキンをつけている人が多いのではないでしょうか?

そんなナプキンの中はムレで雑菌が増え、どうしても不潔なりやすいですし、清潔に保つためにも、洗い方が気になるところ・・・。

生理中・生理前後のデリケートゾーンの洗い方で気をつけるべき点をチェックしてみましょう!

●泡立てた石鹸で優しく洗う
ゴシゴシと強く洗うのではなく、デリケートゾーン専用の石鹸をしっかり泡立ててから、指の腹でくるくるとマッサージするように洗うとよいでしょう。
また、傷がつかないように爪を切っておくことも大事です。

●膣の中を石鹸で洗わないようにする
石鹸を使って指で膣の中を洗うのは避けましょう。
膣内の良い常在菌を洗い流してしまう可能性があるからです。
どうしても膣内を洗浄したいときは、膣内洗浄剤を使って洗いましょう。

●アンダーヘアをカットする。
陰毛に経血が付くと、雑菌が繁殖しまう原因になります。デリケートゾーンのムレ対策にもなり、雑菌の繁殖を抑えることができます。


生理中・生理前後の洗い方に気をつけて、健康に快適な状態で過ごせるように役立てるといいですね!

 

【医師からのアドバイス】
人間の身体、とくにデリケートゾーンは男女とも完全に無臭ということはありません。

女性のデリケートゾーンは清潔に保つことがもちろんとても大切ですが、多少の酸っぱいにおいがするのが普通です。

洗い方に気をつけて、膣内の常在菌を洗い流さないように、適度に清潔を保つ、ということを心がけましょうね。

引用:Doctrs me

 

どうでしたか?
しっかり洗わないといけないのに、洗いすぎはダメとか、でも指で立体的に良く洗うとか、菌が死んでしまうとか。

これだと、どのくらいまで洗ったら洗いすぎになるのか?とかの判断が難しいですよね?

もう少し細かい説明が欲しかったかな?と思います。

それに、疲れて帰ってきた日とか、こんなに細かいのは正直に言ってシンドイです。。

でも大丈夫なんです。

最初にも書きましたが、今は日本でもとても良いものが手に入るんですから。

この面倒で大変なデリケートゾーンの臭い消しを一発で解決してくれたのが、ジャウムソープの泡パックなんです。

洗いすぎないし、菌も殺菌しすぎない。泡のキメもとても細かいので、擦らなくても隅々まで行き渡る・・

⇒ジャムウソープ泡パックはこんなに簡単で効果的

デリケートゾーンの臭い消しやゆみかゆみをなんとかしたい!程度であれば、ジャムウソープの泡パックだけで解消できてしまうんです。

早ければ1週間で変わりますよ!


 関連記事

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp