デリケートゾーンの臭い消しや黒ずみ消しの全手順

デリケートゾーンの専用石鹸はにおいに対しては効果的ですが、黒ずみ対策にはお勧めできません。VIOゾーンの黒ずみ改善にクリームは本当に効果的なのですが、種類が多くてどれが良いのか判断しずらい。VIOゾーンの色々なタイプの悩み解消のヒントが沢山あります

デリケートゾーンの臭いケアの全手順

f:id:hayarino:20170613184956j:plain

ここでは、トラブルメーカーと言ってもいい女性のデリケートゾーンのケアの全手順を書いています。

すぐにでも始められるので、一日でも早いスタートを切ってください。

どんなにオシャレをして、どんなにかわいい化粧をしても、デリケートゾーンの臭いや黒ずみは絶対に相手に嫌われてしまいます!これは、これまでの私の経験から、そして友達の話からも実証済みです。

そうはいっても、生理時の経血には独特の生臭い臭いがありますし、生理の2週間位前からはおりものの量が増え、臭いも強くなるものです。

ある程度の臭いはあって当たり前のことなのですが、「みんなと比べてそうなんだろう?」、「周りに臭いがしていないか?」などと、思えば思うほど不安になってしまいます。

他人の臭いと比べることなんかできないため、自分の状態がどうなのか?と、悩み続けているという人も多いのが実情なんです。

デリケートゾーンの臭いを消すには?

f:id:hayarino:20170613185332j:plain

いくら美人でも、デリケートゾーンの臭いが原因で男性にドン引きされてしまうことも…。

デリケートゾーンの悩み…これは年代を問わず、女性にとって「永遠のテーマ」と言っても良いでしょう。

とくにデリケートゾーンの臭いは、自分でも感じてしまうくらいの強烈なにおいである場合もあります。

デリケートゾーンの臭いの原因の多くは通気性の悪さからくる蒸れにあります。

蒸れ=雑菌です。

正確には、雑菌が栄養を摂って繁殖することによって排出される老廃物!これが臭いを発しています。

雑菌の栄養となる物質の種類と、それによって増える雑菌の種類によってにおいも様々です。

雑菌の栄養になるものとしては、ショーツに付着したおりものを筆頭に、尿、汗、垢、経血などがあります。

尿や垢は気をつければ軽減できそうですが、おりものや汗、経血は中々そうもいきません。

おりものはタンパク質が豊富で、雑菌の格好の餌となります。

デリケートゾーンに多く分布しているアポクリン腺という汗腺からは、脂肪やアンモニアなど雑菌にとって栄養豊富な汗が分泌されます。

そして、雑菌が繁殖しやすい環境としては、栄養があることに加え、「高温と多湿状態の蒸れ」が挙げられます。

デリケートゾーンでは、「高温と多湿の蒸れ」の条件を解消することは難しいので、いかに雑菌に養分を与えないか?というところでケアをしていくことになります。

フェミニンゾーンは体の中で最も通気性の悪いところです。

f:id:hayarino:20170613185826j:plain

特に女性はナプキンをすますよね?それによって余計に通気性が悪化し、経血と汗が混じり雑菌が増え、いつもより臭いが出てしまいます。

また、もう一つデリケートゾーンの臭いの原因としてあげられるのが「おりもの」による臭いです。

これは雑菌による膣内環境の悪化によるものだと言われています。

生理予定日の2週間前あたりにはおりものの量が増えるため、さらに臭いが強くなる事もあります。

膣内の雑菌を抑える方法としてはデリケートゾーンを正しく洗うことが大切です。

ここでいう膣内を正しく洗うというのは、膣洗浄をやりすぎないということです。

逆に膣内意外のデリケートゾーンは毎日しっかり洗う必要があるのですが、実は多くの女性はデリケートゾーンを間違った方法で洗っていて、それが原因で臭いが発生してしまいます。

その臭いを消したいあまり、デリケートゾーンを何度も洗ったり、強めに洗ったりしてしまう人も多いと思うのですが、実はこれらの方法は逆効果だと言われているのです。

つまり、せっかく臭いを消すために頑張って洗っているのに、逆にデリケートゾーンの臭いを強くしてしまっているというわけです。

まず一番大事なことは体を洗う石鹸、ボディーソープでデリケートゾーンを洗うのはNGです!

市販で売られている石鹸やボディーソープは体全体を洗うのを目的として作られているので、様々な成分が含まれています。

その成分が原因でデリケートゾーンの臭いが悪化してしまうことが多いです。

かと言ってお湯だけで洗うのも、洗浄力が弱すぎるため、臭いを解消できません。
デリケートゾーンを洗うには専用の石鹸を使うことが一番です。

 

ページの一番下にフェミニンゾーンの臭いケアにはなぜ専用石鹸か?というページとフェミニンゾーンの正しい洗い方、泡パック!のリンクがありますので参考にしてください。

臭いは病気のサインかも!?

f:id:hayarino:20170613190007j:plain

デリケートゾーンの臭いの原因が雑菌という話をしましたが、雑菌と聞くと病院に行かないとダメなんじゃない?と思うかもしれません。

でも、安心してくだい。 真っ先に病気を疑う必要はありません。

多くの場合はデリケートゾーン専用の石鹸で正しく洗えば解決してしまう人が多いので。

ただ、婦人科系の病気のサインとなっている場合もあることは知っておいて下さい。

特に、おりものの量が急に増えたり色が変わったり、臭いが急に強くなったといった場合は要注意です。

この場合は早めに医師に相談することをオススメします。

臭いが強くなり、悪臭だと感じた場合、「子宮頸がん」、「子宮内膜炎」、「淋病」、「細菌性膣炎」、「トリコモナス膣炎」などの可能性があります。

おりものの色も黄色や緑色に変化してくる場合があります。

また、おりものの性状がカッテージチーズの様に変わってきた場合、「カンジダ膣炎」の可能性があります。

これは婦人科ではそう珍しくない症状で、かゆみが一緒にでることが多い感染症です。
カンジダ菌自体は膣内に常在していますが、膣を洗いすぎたり、抗生物質を服用したりすることで膣内の善玉菌が除菌されてしまいます。

そうなることで膣内のカンジダ菌が異常増殖してしまうのです。

膣内には「自浄作用」があり、弱酸性で乳酸菌などの様々な菌が一定のバランスに保たれていますから、石鹸などで洗う行為はかえってトラブルを招いてしまうのです。

ページ一番下にデリケートゾーンの病気が疑われる臭いの種類などのページリンクがあります。

一度、臭いの種類を確認してみると安心できると思います。

デリケートゾーンの臭いは女性にとって重要な問題

f:id:hayarino:20170613190258j:plain

もともと、ある程度の臭いは誰でもあるものです。

人間である以上、様々な身体的な機能を備えているためある程度は仕方のないことです。

しかし、「自分はほかの人より臭いが強いかも…」、「電車やバスなどに座った時に臭いがしているかも…」などと感じる場合は、ちょっと自分のデリケートゾーンは他の人たちと違うのではないか?

と考えてみたほうが良いかも知れません。

デリケートゾーンの臭いの種類は様々で、酸っぱい臭いがするものや、ワキガのような臭いなど、人によって臭いは違うのでこの臭いがデリケートゾーンの臭い!とは一概には言えません。

デリケートゾーンの臭いを他の人と比べてみたりする機会は無いのが普通ですから、なかなか気付きにくい問題だと思います。

しかし、少しほかの人とは違うかも…と感じる方や、臭いが強いのではないか…と感じる方は、ご自身のデリケートゾーンの臭いについて考えてみたほうがよいでしょう。

ページの一番下にデリケートゾーンの臭いの種類というリンクがしてあります。

臭いの種類によっては性病などの疑いが強いものもありますので、一度、臭いの種類を確認してみるのが良いと思います。

デリケートゾーンの臭いのケア方法

f:id:hayarino:20170613190504j:plain

デリケートゾーンの臭いケアをするためには、どうしたら良いのでしょう。

基本的には、デリケートゾーンの清潔を保つこと、この一点に尽きます。

まずは、お風呂でデリケートゾーンをしっかり洗うことが大切です。

ただし、皮膚は薄く、デリケートな部分ですから、スポンジや指などでこするように洗うことはおすすめできません。

また、大陰唇・小陰唇などの溝には恥垢(汚れ)が溜まりがちで、シャワーをかけたくらいでは落ちません。

入念に溜まった汚れを落としたいけど、スポンジや指の腹でソフトに擦るのもダメ?

じゃあどうやるの? となりますよね?

そこで取り入れて欲しいのがデリケートゾーンの泡パックなんです!

低刺激で泡のキメが細かく、美容成分まで配合されているデリケートゾーン専用の石けんだからこそできる秘伝中の秘伝なんです。

普通の石鹸やボディソープでも同じことはできますが、成分の関係で思いっきり逆効果になってしまうんです。

普通の石鹸やボディソープで泡パックをやると、臭いや、はたまた黒ずみまで生み出してしまうことになりかねません。

デリケートゾーンの泡パックは必ずデリケートゾーン専用石鹸でやってください!

ページ一番下に泡パックのページリンクがありますので、やり方はそちらを参考にしてください。

 

後は、なるべく通気性のいいショーツを身に付け、汗やおりもので汚れたらマメに替えたりと、なるべく清潔を保つ工夫をしていくことが大切です。


ここまでの話をまとめると、臭いの原因となりうる膣を洗うと逆効果になりかねないため、膣洗浄をやる場合は週1回でやめておく。

健康な人であれば膣洗浄は必要のないことです。

それよりもホルモンのバランスを整えるために、生活習慣を変えたり、食事を見直さないと根本的な解決ができません。

膣はしつこく洗わずに、デリケートゾーンの周りは専用石鹸で泡パックをしていつもきれいにすることです。


デリケートゾーンの臭いは、実は女性以上に男性の方が敏感だったりするものです。

なんだか夜の営みが減った気がする…という女性や、デリケートゾーンの臭いが心配だ…という女性は、デリケートゾーン専用の石鹸を今すぐ使用してみて下さい!

本当にあっというまに効果を感じられると思いますので!

もうすぐ露出が多くなる季節であり、水着などを着た時に臭いがするのは嫌ですし臭いが気になってしまうと色々なことが全然楽しめませんよね。

そうなってしまう前に、今すぐケアをはじめた方が絶対にいいですよ!

コトは突然!というように、シャワーに入れない環境で・・があるかもしれません。

そんな時に「神的」なデリケートゾーン専用のデオドラントスプレーもあるんですよ。

イザ!というときにバッグに1本あると助かるんですよね。

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp