デリケートゾーンの臭い消しや黒ずみ消しの全手順

デリケートゾーンの専用石鹸はにおいに対しては効果的ですが、黒ずみ対策にはお勧めできません。VIOゾーンの黒ずみ改善にクリームは本当に効果的なのですが、種類が多くてどれが良いのか判断しずらい。VIOゾーンの色々なタイプの悩み解消のヒントが沢山あります

デリケートゾーンの黒ずみはホルモンバランスも影響してる?

f:id:ホルモンバランスの乱れ:plain

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消したい!と思っている女性は多いのですが、黒ずみの原因も下着の擦れやデリケートゾーンの洗い方であったりと、様々な原因がありますね。

肌の黒ずみの原因ってほとんどの場合メラニン色素が影響をしているのですが、デリケートゾーンの黒ずみもメラニン色素が影響してしまっているのです。

デリケートゾーンの黒ずみの大きな原因はメラニンの色素沈着なのですが、メラニンというと紫外線を想像すると思います。

でも、デリケートゾーンが紫外線を浴びてしまって黒ずむなんて、ちょっと納得できなくないですか?

デリケートゾーンを太陽に向かって掲げるwwなんてことはないですし、海水浴などで一日水着で過ごしたというならまだ分かりますが、日常生活で紫外線がデリケートゾーンに影響して黒ずませている・・というのはちょっと考えにくいですよね。


ホルモンバランスが乱れるとメラニンが生成される

 そうなんです、メラニンが生成される原因は紫外線だけでなく、ホルモンも関係しているんです。

今回は黒ずみとホルモンバランスの関係を書いてみます。

ホルモンバランスが乱れると黒ずみやすくなる?

ホルモンバランスという言葉は、美容や健康のことでよく耳にしますが、今回は女性ホルモンのお話です。
この女性ホルモンは大きく分けると2種類ありまして、
①卵胞ホルモン
②黄体ホルモン
と言います。

この2種類の女性ホルモンのうち、黄体ホルモンが肌の黒ずみにも関わっているのです。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、黄体ホルモンが分泌されやすくなります。

その黄体ホルモンの分泌が多くなってしまうと、体内でメラニン色素を作り出す「メラノサイト」を刺激して、肌のシミや黒ずみになってしまうのです。


ホルモンバランスが乱れるのはどんな時?

では、ホルモンバランスはどんな時に乱れてしまうのか?といいますと、

・疲れが溜まっている時
・不規則な生活が続いている時
・強めのストレスがかかっている時
・妊娠中
・更年期

などの時にホルモンバランスが乱れると言われています。

ほとんどの場合、色々な原因が混ざり合っています。

どれか一つを改善すればホルモンバランスが整うという訳ではないというところがやっかいなところです。

また、ホルモンバランスが乱れているのかどうか?の判断も正確には判断しにくいんですよね。

一般的にホルモンバランスが乱れているときの分かりやすい症状として、

・肌あれ

・生理不順

・生理痛がひどい

・生理ではないのに出血する

などがあります。

上記症状を感じたらホルモンバランスが乱れてる可能性があります。

その時はデリケートゾーンの黒ずみにも注意が必要ですね。


ホルモンバランスが原因で黒ずむ前に

ホルモンバランスが乱れがちな時は、シミや黒ずみに注意が必要なのですが、自分でホルモンバランスの乱れを整えるというのはなかなか難しいですし、それなりの期間が必要です。

何ヶ月もかけてホルモンバランスを整えないと黒ずみ悪化は抑えられないのでしょうか?

ここでちょっと考えてみると気付きますが、ホルモンバランスの乱れからくるデリケートゾーンの黒ずみも、結局はメラニンの仕業です。

ですので、生活習慣を何ヶ月もかけてホルモンバランスを整えるまでにもメラニン対策をすることでデリケートゾーンの黒ずみを抑えることができるんです。

⇒デリケートゾーンの黒ずみに良いと言われている口コミは?

ホルモンバランスが乱れてしまっていると、肌の調子が悪く、乾燥がちになってしまったり、肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうのですが、これはもちろんデリケートゾーンの肌も同じです。

いや、むしろデリケートゾーンの肌の方がより敏感なため、影響が大きく出てしまいます。
そうなる前にできるだけ早い段階でケアすることが必要です。

 


関連記事

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp