デリケートゾーンの臭い消しや黒ずみ消しの全手順

デリケートゾーンの専用石鹸はにおいに対しては効果的ですが、黒ずみ対策にはお勧めできません。VIOゾーンの黒ずみ改善にクリームは本当に効果的なのですが、種類が多くてどれが良いのか判断しずらい。VIOゾーンの色々なタイプの悩み解消のヒントが沢山あります

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?原因が分かれば黒ずみ消しも早い

私もそうだったのですが、デリケートゾーンの黒ずみ原因って、遺伝や生まれつきだったり、キレイにすることはできないって思ってませんか?

実はデリケートゾーンの肌も、しっかりしたケアをしてあげることで顔や体と同じように黒ずみを消してあげることができるんです。

そのためには、一体何が原因で黒ずみになってしまっているのかを知ることが大切なのです。

f:id:hayarino:20170514031655p:plain

 

デリケートゾーンの黒ずみの一番の原因はメラニン色素

黒ずみの一番の原因はメラニン色素なんですが、メラニン色素と聞けば、肌の色や髪の毛の色を決める色素でしょ?とみんなが知っています。
さらに女性なら「乳首の色素と同じ」と気づくと思うのですが、デリケートゾーンの黒ずみも乳首の色も肌の色も髪の毛の色も、このメラニン色素が深く関係しているのです。

デリケートゾーンはメラニンの活動が活発な場所の一つなので、他の部位に比べて肌が黒ずみやすい場所なんです。

デリケートゾーンでメラニンが生成されてしまう原因を理解して、それなりの対策をしてあげれば黒ずみが起きる可能性を低くすることができるんです。

そのあたりの原因も見ていきますが、まずはメラニンが黒ずみの原因となる仕組みを説明させてください。

そもそもなぜメラニン色素で肌の黒ずみができてしまうのかと言うと・・・

f:id:hayarino:20170514112616j:plain

紫外線は、肌に有害な物質が含まれています。

これをお肌に浴びると、まず ①表皮細胞(ケラチノサイト)で活性酸素が発生します。

活性酸素は本来、体に入り込んだ細菌などから細胞を守ることが役目です。

ところが増えすぎると、かえって細胞にダメージを与えて、肌老化の原因に。

そこでこのダメージをやわらげて、肌細胞を守ろうと働き出すのが②の情報伝達物質です。

メラニン色素を作り出す細胞「メラノサイト」に、「肌の色素を濃くして、肌を守りなさい!」という指令を出します。

すると指令を受けたメラノサイトは、シミの元となる ③チロシナーゼという酵素を活性化。

チロシナーゼは酸化して、④チロシンというアミノ酸の一種をメラニンへとどんどん変化させていき、黒褐色の色素がお肌の表面に押し上げられていくのです。

これが原因で肌の表面に黒ずみができてしまうんです。

本来なら、肌の上に出てきたメラニンは肌の生まれ変わる周期(ターンオーバー)によって、垢と一緒に剥がれ落ちていきます。

ところが、過剰に作られ過ぎたメラニンがターンオーバーの乱れなどによって表皮細胞にとどまると、色素が沈着してしまい、黒ずみとして残ってしまいます。

 多くの美白化粧品が、ハイドロキノンなどチロシナーゼを抑制する成分を含んでいるのは、お肌にシミが現れる前にブロックするためなんですね。

黒ずみの原因ははっきり分かっているので、今は黒ずみ消しも間違いなくできるんです。

「デリケートゾーンの日焼けもシミも絶対にイヤ!」

f:id:黒ずみの原因は?:plain


そうですよね。 やっぱりイヤなんですよね。

その気持ちはわかります。でも黒ずみの原因のメラニン色素は、紫外線や活性酸素によるダメージを引き受けて、肌細胞を守ってくれている大事な存在。

 日焼けをしたとき、メラニン色素がもしなければ、真皮までモロに紫外線の影響を受け、お肌はボロボロになってしまうことでしょう。

 ある意味、メラニンは肌のガードマンなのです。

デリケートゾーンや乳首や脇はもともとメラニン色素の活動が活発で、下着や衣服に肌が擦れてしまうと肌を守ろうとしてメラニン色素が肌の表面に出てきてしまうのです。

 夏に海水浴やプールに行ったりして、日焼けして肌を黒くしたことはほとんどの方があると思うのですが、この日焼けも紫外線が肌の奥深くに入ってくるのを防ごうとして、メラニン色素が活発に活動した結果なんですね。

 毎日紫外線を浴び続けていると、肌はどんどんメラニン色素を作り出して黒くなっていくのですが、紫外線を浴びる量が減ると、肌の再生機能(ターンオーバー)が働いて、日焼けする前の本来の肌の色に徐々に戻っていくのです。

メラニンが過剰に生成される原因

メラニンが過剰に生成される原因はいくつかあるのですが、ここでは代表的な

 しかし、メラニン色素の活動が活発な部分は、肌が下着や服に擦れてしまうだけで活動を始めてしまいます。

 デリケートゾーンは1日中下着に触れてしまっているので、メラニン色素が常に活動してしまっている状態になっていて、黒ずんでしまうのです。

 デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、下着が擦れたりしないようにすれば良いのですが…下着や服を着ない、と言うワケにはいきませんよねww

 じゃあデリケートゾーンの黒ずみはキレイに消すことができないんじゃないの?

 と思われるかもしれませんが・・・

 ⇒デリケートゾーンのメラニン色素の活動を抑えて黒ずみをキレイにするには?

 先ほど、日焼けもメラニン色素が深く関係していると書きましたが、日焼けの場合は肌の再生機能(ターンオーバー)が働いて、ある程度の時間の経過とともに元の肌の色に戻っていきますよね?

 それと同じで、デリケートゾーンもメラニン色素の活動を抑えて肌のターンオーバーを正常にしてあげることができれば、 日焼けと同じ要領で肌が時間とともに綺麗になってくるんです。

 

ただ、黒ずみの原因は他にもあるので、実際はもう少し複雑なんですけれども。。

 

f:id:黒ずみの改善方法って?:plain

デリケートゾーンの黒ずみは、メラニン色素が原因ということはわかってもらえたと思います。
そのなかでも特にデリケートゾーンは、まぶたよりも皮膚が薄く、他の部位に比べて最も黒ずみやすい部位なんですね。 

ちなみにですが、体の部位で一番皮膚が暑いのが足の裏と手の平です。

足裏と手の平の皮膚の層は50層!とっても分厚いんです。

体のほとんどが14層で、腕や足なども同じです。

みなさんが気にしてケアする顔は10層なんですね。 やはりかなり薄いです。

すっごい薄そうなまぶたはなんと7層しかありません。

そしてデリケートゾーンは6層しかないんです。すっごい薄いんですね。

肌が薄すぎるためにちょっとした刺激でもすぐにメラニンが生成されてしまうんです。

下着の擦れも黒ずみの原因なんです。

デリケートゾーンの皮膚の層はたったの6層ということは分かっていただけたと思います。

こんなに薄い部分なので下着で擦れるだけで黒ずみの原因になってしまうんです。

ですのでできるだけ肌に優しい素材の下着を身につけた方が絶対にいいんです。

ほんとうに大袈裟なことではなくて、簡単に黒ずんでしまうんです。

近頃は、ナイロン製の下着が増えてきましたが、天然素材を使ったコットン素材の下着の方が刺激は少なく、摩擦を軽減させることができます。

特に、下着によってかぶれやかゆみを感じやすい方は、化学繊維の素材が肌に合わない人なので、オーガニックコットン素材を選ぶなど、肌に優しい下着を身につけましょう。

 また、サイズが合っていない場合には締め付けが強くなり、摩擦が増えますのでサイズが合ったものを選びましょう。

 余談ですが、洋服も締め付けが強いと、肌の黒ずみを引き起こしやすくするので、ボディラインに余裕のあるデザインでオシャレを楽しむようにすると黒ずみの悪化を防げます。

黒ずみ消しは、いかに早くターンオーバーさせれるか?

 黒ずみ消しには肌のターンオーバーを戻してあげると効果的

このことから、メラニン色素が原因となっているデリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、メラニン色素の活動を抑えるために、肌を刺激の少ない状態にして、肌のターンオーバーを戻してあげることが大切なのです。

 肌のターンオーバーは基本的に約28日前後のサイクルで行われていることはよく知られていますね。

デリケートゾーンの場合は、下着や生理用品の影響を受けて肌が弱ってしまっていることが多く、ターンオーバーが正常に行われていない状態になっています。

そのためにデリケートゾーンに黒ずみが沈着してしまうんですね。

デリケートゾーンの黒ずみの対策やケアは、『摩擦による刺激や乾燥から皮膚を守ること』、『肌のメラニン色素の生成を正常化すること』、さらに年齢とともに遅れがちな『新陳代謝の周期を整えること』などが挙げられます。

⇒デリケートゾーンの黒ずみ改善に良いといわれている口コミは?

デリケートゾーンの黒ずみも、顔の肌と同じで、ちゃんとターンオーバーができる状態にしてあげることが黒ずみを改善することへの近道なのです。

 

 このように、洋服のインナーにも少し気を遣うことでVIOゾーンの黒ずみ対策ができるんです。

ムダ毛処理の仕方でデリケートゾーンが黒ずむ

  最近では、デリケートゾーンのムダ毛処理をする人が増えているようで、結構みんなアンダーヘアの処理はちゃんとしている人が多いんです。

処理をする人が増えてくると、こんな話がちらほら聞こえてきます。それが、

脱毛をしたらデリケートゾーンに黒ずみが出来た!?

全体的に綺麗にしたくてデリケートゾーンのムダ毛処理をしたのに・・
黒ずんでしまうならここまでやりたくなかった! というもの。

ムダ毛処理をすると黒ずみ・・ 関連性っていまいちじゃありませんか?

すごく大事なことなので、色々と調べてみました。

その結果、この話は本当だということがわかったんです!

でも、必ずなるワケではないんですね。

詳細は別ページでしっかり説明していますので、今はその他の原因も知っておきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみはホルモンバランスも影響する!?

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因はメラニン色素ですね。

メラニン色素というと紫外線が影響してるのでは?と思いますが、デリケートゾーンの場合はホルモンの影響が大きいんです。

デリケートゾーンの黒ずみとホルモンバランス?

無関係に思えそうですが、実はしっかり関係しているんです。

こんなもんかな?と思ったんですが、原因はまだほかにもありました。

出産後はデリケートゾーンも黒ずみやすい!?

 出産後にデリケートゾーンが黒ずんでしまった・・

こんな話を聞いたことはありませんか?

出産と黒ずみなんて、全然結びつかないように感じてしまいますが、出産すると黒ずむというのは本当なんです。

若いころと同じケアではダメ?

年齢を重ねていくと肌は黒ずみやすくなってしまいますね。

デリケートゾーンの黒ずみで悩むのは、若い人だけではありません。

やはり女性はいくつになっても綺麗でいたいものです。

しかし、年齢を重ねていくと、肌のターンオーバーの期間は段々と長くなっていくんです。

ちなみに、30代を超えると代謝が衰えて肌は黒ずみやすくなってしまうんです。

年齢そのものも黒ずみの原因になってしまうんです。

やはり、年齢を重ねるとどうしても肌が水分を維持できずに肌が老化してしまうんです。

ですので年齢を重ねても黒ずみ消しのケア自体は有効なのですが、若い人よりも保湿に気を付けなければいけません。

年齢を重ねていくとシミやシワが目立ってきてしまいますが、一番の原因はやはり肌の老化です。

老化と言われると「私はまだまだ大丈夫!」と思ってしまいがちですが、肌の老化は若い人でもおこります。

若い人は老化しにくいというだけで、ケアを怠ってしまえば同じように老化が進んでしまいます。

肌を良い状態に保つために必要なコトは保湿ですよね?

年齢を重ねると肌の保湿力が弱ってしまうためにシワなどが出てきてしまいます。

年齢を重ねてくると、肌のケアに時間とお金をかけないとなかなか・・・なのですが、デリケートゾーンの黒ずみケアの場合はどうかというと、若い人とやることは気品的に同じです。

デリケートゾーンの専用石鹸や黒ずみケアクリームがあるのですが、それらのモノって思っている以上に肌に潤いを与えてくれるんです。

ですので、ケアにかける時間や使用量を少し多めにするだけで大丈夫なんです。

 

男性の多くがデリケートゾーンの黒ずみはイメージダウン

f:id:hayarino:20170608000852j:plain

誰にも見せることがナイのなら、デリケートゾーンの黒ずみも大して気にはなりませんよね。

 やっぱり男性に見られて、「黒い・・・」とか「汚い・・・」とか思われるのは絶対に嫌ですよね。これはもうほとんどの女性がそうだと思います。

男性にとって、女性の肌はいつでもキレイでいて欲しいと思っているようです。

そのため、恋人や奥さんのデリケートゾーンに黒ずみがあるのを見つけてしまい残念に感じるのも仕方がないのかもしれません。

 7割くらいの男性は、女性に対してデリケートゾーンのケアをして欲しいと思っているというデータもあります。

 また、女性のデリケートゾーンが黒ずんでいても指摘しない男性は90%とのこと。

 指摘しない理由として、

・傷つけたくなし

・お互いの空気が悪くなる

などでした。

 人の体についての意見って、なかなか言えないですよね?

 意見も言えませんけど、指摘も絶対されたくないww

 部屋は暗くしているからほとんど見えないでしょ?と思っているのは甘いのかも?

デリケートゾーンの黒ずみに対する男性の心の声

デリケートゾーンの黒ずみに対する男性の意見として
・「行為をする気が萎えてしまったことがあります。」
・「黒すぎるコは不潔に見えるし、ちゃんと洗ってるの?って心配になる」
・「過去に遊んできたんだろうな〜と思います。」

 などなど、デリケートゾーンの黒ずみは悪いことしかないのを再確認させられました。。

 デリケートゾーンや乳首が黒ずんでいることで、「遊んでいる女」と思われるのは許せないですねぇ。

 単なるメラニンの色素沈殿というのは、男性のほうも知ってはいるのですが、やっぱり気になるようで・・

なんだかんだ言っても女性陣も黒いのはイヤですもんね。

 また、デリケートゾーンの黒ずみが理由で別れようか悩んだことがあるという男性が10%もいるそうなんです!

 これはさすがにひどいと思いますが、気持ちがわからないでもない自分がいます。。

 でも、デリケートゾーンの黒ずみって出産してもなりやすいし、不可抗力的なものあるはずなので、もう少し優しい目で見て欲しいですよね。

やっぱりそうは言っても、男性からしてみても、デリケートゾーンは黒ずんでいるよりも、キレイな色をしている方が絶対的にいいんですね。

 でも、指摘しない理由の「傷つけたくないから」というのにはちょっと感動しました。

 そう思うと、黒ずみだけじゃなく、においもしっかりケアしなくちゃ!と思いますね。

優しさに甘えず、しっかりケアしなければ!とますます思いましたね。

大丈夫です!ちゃんとケアしていけばきれいになります!


関連記事

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp

vio.hateblo.jp

 


 関連記事

 

vio.hateblo.jp