デリケートゾーンの臭い消しや黒ずみ消しの全手順

デリケートゾーンの専用石鹸はにおいに対しては効果的ですが、黒ずみ対策にはお勧めできません。VIOゾーンの黒ずみ改善にクリームは本当に効果的なのですが、種類が多くてどれが良いのか判断しずらい。VIOゾーンの色々なタイプの悩み解消のヒントが沢山あります

ジャムウソープの効果的な使い方 泡パックがおすすめ

ジャムウソープを使ってみよう!と思ったけど、普通に洗うだけでいいの?と思った方も多いはず。

もちろん今までの石鹸の代わりに使うだけなんですが、せっかくなんで泡のキメがとても細かいジャムウソープの効果的な使い方を紹介します。

これをやらないともったいないので、是非やってくださいね!

ジャムウソープの使い方は泡パックが最高

デリケートゾーンにジャムウソープを使うときは泡パックがおすすめです。

泡パックというのは、読んで字の如く!なんですが、泡でデリケートゾーンをパックしてあげることなんです。

まぁ、形が形なだけにしっかり洗うのはけっこう難しいんですよね。

ボディブラシでゴシゴシやる人はさすがにいないと思いますが、手で何度も何度もこすり洗いする人がとても多いんです。

デリケートゾーンの皮膚の層はとても薄いって話を覚えていますか?

たったの4層しかないって話だったんですけど、皮膚が「極薄」なので刺激にとても弱いんです。

その刺激が黒ずみの原因になってしまったりもするんです。

なので、せっかく刺激が少ないジャムウソープを使うので、とても効果的に使おう!ってことなんです。

使い方はとても簡単! さっそく効果的な使い方の泡パックを見ていきましょう。

f:id:VIOゾーン泡パックの泡

この泡パックがデリケートゾーンの臭い消しやかゆみ、はたまた黒ずみケアの手助けまでしてくれるのです。

この使い方をすればジャムウソープでの臭い消しも完璧

まずはじめに、泡パックが実際にどのように作用してくれるのか?ということを説明しておきます。

・キメがとても細かいため、毛穴の汚れまで包んで落としてくれる
・天然のジャウム成分が肌に浸透して潤いを与えてくれる
・泡がアンダーヘア全体を包んでくれるので、アンダーヘアの汚れも落ちやすい
・手やタオルで擦らないので、肌に負担がかからない
・石鹸の成分が浸透して肌に潤いを与えてくれる。


などの特徴があるので、泡パックの方が肌に負担を掛けずに手間もかからずに汚れを洗い流してくれるのです。

手やタオルで直接洗ってしまうと、肌に刺激が与えられてしまいます。

そうすることにより、防御反応としてメラニンを生成してしまい、これが黒ずみの原因にもなってしまうのです。

泡パックであれば肌に負担がかからないので、黒ずみの原因を作りません。

また、ジャムウソープは天然の潤い成分が沢山配合されています。

キメの細かさも手伝って、肌への浸透力がスゴいんです。

肌の潤いを保つことは肌のターンオーバーに欠かせない要素ですね。

ジャムウソープで泡パックをすることにより、肌のターンオーバーも促されるというワケです。

泡パックの方法はとても簡単で、ジャムウソープを泡立てネットなどでよ〜く泡立てて、その泡をデリケートゾーン全体に被せるように包んであげてください。

そのままの状態で2〜3分程度放置してあげるだけです。



泡パックをする時は、できれば湯船に浸かってから体を温めてあげてください。

そうすると、パックの前に毛穴を開かすことができ、よりいっそう効果的になりますので。

 実際に私もたくさん汗をかいた日など、デリケートゾーンが蒸れてしまった時や、生理中や生理後は泡パックをしています。普通に洗うよりも泡パックをして洗った方がデリケートゾーンの肌の調子は良いですね。

ですので、デリケートゾーンの臭い消しやかゆみを取りたいという方は、この泡パックをしばらく続けてみてください。

1週間もすればデリケートゾーンの肌の調子が良くなっているのを感じられるハズです。


泡パックをする時には、ジャムウソープを使わないと逆効果です。

泡パックに使用する洗浄剤は、普通の石鹸やボディソープではなく、ジャムウソープが理想です。

通常の石鹸やボディソープですと洗浄力が強すぎて、好調を維持するための菌の数が減ってしまう恐れがありますし、乾燥もしやすくなります。

臭いやかゆみのケアをしたいのに、それを加速させてしまうことがあるのです。

これがジャムウソープだと、洗浄力も強すぎず、それでいて他の部分の肌よりも弱いデリケートゾーンに潤いを与えてくれます。

普段はデリケートゾーンを洗う時も、何かに気をつける訳でもなく、そのまま洗うという方が多いと思うのですが、臭い消しやかゆみをなくしたいという場合は、意識してジャムウソープで泡パックをするように効果的に使ってみてください。

泡パックをすることでデリケートゾーンの肌の状態が整えられ、ターンオーバーのサイクルを正常に戻す手助けをしてくれます。

そうすることで、気になるデリケートゾーンの臭いも消すことができますので。

よく、ジャムウソープはデリケートゾーンの黒ずみ消しに効くと聞きますが、私の個人的な感想では「ジャムウソープでは黒ずみを消す効果はない」と思います。

黒ずませない予防には間違く良いのですが・・

デリケートゾーンの黒ずみを消したい時は、黒ずみを消す専用のクリームが一番です。

デリケートゾーンの黒ずみは消せるんです!

 ジャムウソープは、あくまでデリケートゾーンの臭いと肌の調子を良くするために使うというふうに思っておいてください。

 

実際に使ってみると分かるんですが、固形タイプって泡が立ちずらい感じなんですよね。

そこで一番使いやすいソープタイプの石鹸を紹介します。

 

それがこれ

薬用イビサソープ

f:id:hayarino:20170517223011j:plain

 

イビサソープという名前を見てお分かりになった方もいると思うのですが、黒ずみケアクリームの大御所であるイビサクリームから販売されているんです。

こちらは、ソープという通り、最初から泡で出てきてくれるタイプなんです。

私はずっとボディソープ派だったので、固形石鹸はすこし使いづらいくてソープタイプをメインで使っています。

これだとポンプで2~3回プッシュするだけで、すぐに泡パックが始められるんです。

それと固形石鹸って、お風呂場に置いておくだけで少しづつなくなっていっちゃうようなイメージもあって、使ってもいないのになくなっちゃうなんてもったいないな、とかも思ったんです。

イビサソープもかなり有名なんでみなさん知ってましたかね?

⇒イビサソープの詳細口コミを確認

 

では、固形タイプじゃなければ一番かも?っていうジャムウソープもひとつだけですが紹介しておきますね。

それはペマエンジェルレティハート

f:id:hayarino:20170610221817j:plain

これはとにかく香りがとてもいいんです♪

それだけでもお気に入りですね。

そして石鹸って必ず油を使いますよね? それはジャムウソープでも同じなんですけど、その油も天然の材料から抽出してるのがジャムウソープなんですね。

で、この石鹸は食用レベルの油を使っているんです。

それが重要?って思うかもしれません。 

人間の体って皮膚を通して科学物質とかを吸収してしまいますよね?

その有害物質を吸収してしまう状態を経皮毒っていうそうなんですけど、デリケートゾーンは手首と比べると40倍以上も皮膚から毒が吸収されてしまうそうなんです。

なので、手や体に使っても問題ないけど、デリケートゾーンには使わない方がいいってものもけっこうあると思うんです。

そんな理由もあって、デリケートゾーン専用というジャムウソープが人気になってるんだと思うんです。

その中でもさらに材料にこだわって作られているのが「ペマエンジェルレディハート」その香りももちろん天然香料ですし、安心して使えて香りも良い、さらにジャムウソープとしては最安値に近い価格帯なんです。

ですので、初めて使ってみるという人は検討に値するジャムウソープですよ。

デリケートな悩みを解消【ペマエンジェル レディハート】

 


デリケートゾーン専用の石鹸の種類はたくさんあって選ぶのが大変


でも、ジャムウソープは他にもたくさんあるんです。

実際に選んでみようとすると、石鹸の種類が多くてわからない。

私自身が色々試してきて分かることは、値段が高ければ効果が高いということではない、ということです。

値段が安くても良いものもありますし、値段が高いと高いなりの別の効果があるものもあります。

ジャムウソープで大ハズレというのは聞いたことがありませんが、それでも値段と効果のバランスが良くないものも、正直に言ってありました。

やっぱり、みんなが良いといっているものは良いんですね。

値段と効果のバランスが良く取れているものがいつも人気になります。

真剣な悩みだからこそ、真剣に評価してるんだと思います。

自分好みのお気に入りのジャムウソープを用意して、効果的な使い方をぜひやってみてください。

生理の時も使えますし、蒸れた日なんかはほんとうにすっきりできますよ。


 関連記事

vio.hateblo.jp